• HOME
  • ウコンのいろいろ

ウコンのいろいろ

ウコンといっても実は3つの種類があります。それぞれ色によって区分けができ、用途や効能も全く変わってきます。

春ウコン

切り口が黄色で、春にピンクの花を咲かせるのが「春ウコン」です。味としては、刺激のある辛みと苦みが特徴体です。主な用途は保健・薬用で、中国漢方でも上等な薬として分類され、琉球王国や日本全土の民間薬として、健康食品としても利用されています。

秋ウコン

続いては、切り口がきれいな橙色で、秋に白い花を咲かせるのが「秋ウコン」です。味は独特の香りとわずかな苦みが特徴的で、カレー粉の原料や香辛料として使われているのはこの「秋ウコン」であります。そのほか、食品の黄色い色素としてからし、たくわんなどに使われるほか、染料や保存料、保健・薬用として、幅広い使われ方をしているのが「秋ウコン」です。

紫ウコン

最後は切り口が紫がかった白色で、赤紫色の花をつける「ガジュツ(紫ウコン)」。口に含んだ時の苦みが非常に強いのが特徴です。同じく保健・薬用として使われ、特に胃腸薬の原料としてよく知られています。